映画「劇場」を観た

「劇場」という映画、皆さんご存知?

ピースの又吉直樹さんの小説が映画化されたものなのですが、全国の映画館での放映とあわせて、Amazon Primeビデオで同時配信されるっていう試みが話題になりましたよね。

原作の小説は一切読んでないのですが、AmazonPrimeビデオにて視聴させていただきました。

 

これがまたなんというか、よくある雰囲気系〜な邦画なんだろなと、正直期待してなかったのですが、何度も見るうちに私の中ですごく好きな作品へと変化していった、スルメ的おばけ映画でした。

実は公開されてすぐ観たのですが、せっかくなのでこれからもいろんな方に観ていただきたく、僭越ながらレビューさせていただきますので、ご興味あればぜひご覧くださいませ。もちろんネタバレはほんのり含みます。てか、ネタバレのないレビューなんて、レビューじゃないよね。

Continue Reading

日の目を浴びなかった駄文の供養をするの巻

みなさんこんにちは。
豊田の尻ちゃんこと、カレーの学校10期生・ひらりーです。

この投稿は、「カレーの学校アドベントカレンダー2020」の第18日目の記事です。

アドベントカレンダーに参加したことをすっかり忘れていて、カレーと全く関係のないことを書いてやろうかなと思ったんですけど(今年ハマった美容診療の話とか)さすがにそれもなんだかって感じなので、カレーのことを書こうと思います。

今回の記事は、わたしが随分前に転職活動をしていたとき、「好きなものについて自由に語ってくれ」系のよくある課題にて提出したテキストを、ちょびっとリライトしてお披露目しようと思います。

文字数の指定あったので、めっちゃ長いです。

ちなみに、この課題は提出したものの見事に落とされ、面接もしてもらえませんでした。
人事担当の◯◯さ〜んオゲンキデスカァ?(苦笑

日の目を浴びなかった文章としてここに掲載し、供養とさせていただきます。
ちょっと早いですが、2020年もどうもおつかれさまでした。

Continue Reading

猫さまと一緒に長距離のお引越し!飛行機移動でおさえておくべき心得10ヶ条

人生で5回ほど引っ越しを経験しまして、その中でもいちばん大がかりだった引っ越しは、3年ほど前の上京のときでした。

福岡〜東京間での家財道具の移動の手配や、物件の管理会社とのやり取りはもちろんでしたが、いちばん頭を悩ませたのは、猫さま2匹を連れての長距離移動のことでした。

「犬は人に付き、猫は家に付く」という、いにしえの言葉がありますが、あながちこの考え方は間違ってなくて、猫さまという生き物はテリトリー意識が強く、自身をとりまく住環境の変化にはかなりストレスを感じやすいと思います。

とりあえず何が不安だったかって、猫さまとの長距離引っ越し(特に飛行機での移動)について、参考になる情報が見つかりにくいことでした。

事務的にやらなければならないことの情報はすぐに出てくるのですが、なんといっても体験談が少なく、本当にこれで大丈夫なのか、もし大丈夫じゃなかったときどうすればいいのか、まったく見当がつかなかったのです。

最近はどうかわからんけど、「絶対あんた猫飼ってないでしょ」っていうクソみたいなSEOメディアが引っかかったりもするのでマジで厄介でした。

そこで、自分への忘備録も兼ねて、猫と長距離の引っ越しをする際に飛行機移動で心得ておくべきポイントを、体験談を交えながらまとめておきたいと思います。

ちなみにわたしは自分なりにしっかり準備を万全にしていたつもりでしたが最終的にありえない大失敗をカマしてしまいましたので、それについても最後に触れておきます。

猫と幸せに生きていくためのひとつのナレッジとして、誰かの役に立てばうれしいなと思っています。

Continue Reading

yome.jp ドメインを取得した!

(猫の写真はほとんど関係ありません。)

本ブログは、レンサバにWPをのっけて、独自ドメインを当てて運用しているんですが、長らく「yo-me.jp」という独自ドメインで運営しておりました。

2011年頃から、yomejpというアカウント名を、屋号というかハンドルネームというか、なんかそういう感じで使っていたので、このブログを始めるときも当てる(取得する)独自ドメインは「yome.jp」ドメイン一択と決めていたわけです。

しかしながら、残念なことに当時すでに別の方がyome.jpドメインを取得しており、わたしは泣く泣くハイフンを無理やり真ん中にねじ込んだyo-me.jpドメインを取得して、つい先日まで使っていたのです。

それがなんと、7年の時を越えて、ついにわたしがyome.jpドメインを取得することとなったのです!
(歓喜&歓喜)

ここで注目したいのが、当時すでにyome.jpドメインを取得していた「別の方」の存在ですが、なんとも意外な方が取得されていたために、わたしがこのドメインを取得することは半永久的に無いだろうと思っていたのでした。

 

Continue Reading