yome.jp ドメインを取得した!

(猫の写真はほとんど関係ありません。)

本ブログは、レンサバにWPをのっけて、独自ドメインを当てて運用しているんですが、長らく「yo-me.jp」という独自ドメインで運営しておりました。

2011年頃から、yomejpというアカウント名を、屋号というかハンドルネームというか、なんかそういう感じで使っていたので、このブログを始めるときも当てる(取得する)独自ドメインは「yome.jp」ドメイン一択と決めていたわけです。

しかしながら、残念なことに当時すでに別の方がyome.jpドメインを取得しており、わたしは泣く泣くハイフンを無理やり真ん中にねじ込んだyo-me.jpドメインを取得して、つい先日まで使っていたのです。

それがなんと、7年の時を越えて、ついにわたしがyome.jpドメインを取得することとなったのです!
(歓喜&歓喜)

ここで注目したいのが、当時すでにyome.jpドメインを取得していた「別の方」の存在ですが、なんとも意外な方が取得されていたために、わたしがこのドメインを取得することは半永久的に無いだろうと思っていたのでした。

 

yome.jpドメインを取得していた「別の方」

2011年当時のわたしは、yome.jpという汎用.jpドメインが取れず、ムキーッとなっておりました。

悔しかったのでどこの誰がこのドメインを取っているのかと、jprsのwhoisでyome.jpの取得者を調べたところ、出てきた名前はなんと「読売新聞社」…?!無理!つよい!

URLにアクセスして出てきたのは、読売新聞モバイルなんたら…と書かれた社内ツールっぽいログインフォーム。

(IP制限もベーシック認証もない社内ツールって大丈夫なんか…)というツッコミもありますが、名の知れた企業の社内ツールとして使われているのならば、このドメインを手放すことはほぼありませんよね。。。

ところで、どうして読売新聞社がyome.jpなるドメインを取ったのでしょうか。

推測するに、読売新聞の「読」という漢字を「読め」というワードで使って取得したのかなーなんて。

だったら、yomi.jpでもいいと思うんやけどもおおおおおおお!ついでにいうと、企業なら.co.jpドメインで取ってほしいんやけどもおおおおおおお!

 

7年ぶりにwhois検索してみたら

そして最近、別件で久しぶりに新規ドメインを取る機会があって、ふと「そういえばyome.jpドメインは今頃どうしているのかしら…」と思ってURLにアクセスしてみたんです。

そしたらなんか!パーキングドメインぽい画面になっていて…!!!

これは!と思ってwhois調べたら、ステータスがSuspendedに…!

(詳しい説明は省略しますが、以前の所有者が更新せずに手放しているという状態です。)

すぐにバックオーダー(ドメイン取得の予約のようなもの)を申し込んで、独自ドメインの取得再開時期を待つことにしたのですが、なんとバックオーダー者がわたし以外に多数おりました。

そして、そのまま自動的にドメインオークションへと流れ込み、参戦することに。

ドメインオークションの開催期間は20日間。なんか意外に長いのね…!

こんなチャンス逃してたまるか!と、入念なウォッチング&計画的な入札の末、無事に7年越しにyome.jpドメインをわたしのものにしたわけです!勝った!優勝!!ひゅーひゅー!!!もう絶対に手放しませんからね!

 

ああ、ハイフンが抜けただけでこんなにも気持ちが晴れやかになるなんて、人間は実に単純なものですね。

これで、魚の骨がつっかかったようなURLでブログもメールも運用しなくてよくなったわけです!ああああああすがすがしい!!

ということで、いまyome.jpドメインに超愛着わきまくってるんで、このブログごりごりやっていくぞ!という気持ちです!

やっていきますのでご期待くださいね!!!!!

こちらもどうぞ

2件のコメント

  1. いいドメインですね。
    私もドメイン探してて”yome.jp”いいなと思って調べてここにきました。
    真面目そうな方でよかった。

    1. なんとまあ、ドメイン名経由でこちらにお越しいただいたのですか!
      わざわざご丁寧にコメントをのこしてくださり、ありがとうございます。
      短くて字面もなんだか可愛らしくて、気に入っています。
      せっかくのドメインをこのような駄ブログに当ててしまって申し訳ない気持ちもあるのですが、自分なりに少しずつ時間をかけて育てていきたいと思います。
      またいつか思い出しましたら、ふらりと見に来てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください